スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

年末を迎えて

今は実家にいる。実家ではネット環境がないので図書館で更新。
図書館も今日で最後らしいので、これが今年最後の更新になる。



アニメに関しては、今年も色んなことがあって、今年の10大ニュースとしてまとめてたりするのもいくつか見掛ける。

今年は取り分けスキャンダラスなニュースが多かったので、大抵はそういうものが中心になっているのだけど、グレンラガン・電脳コイルという作品が、あれほどのクオリティを保って放送されたこと自体が自分の中では十分ニュース足りうると思っているのだけど、そういう人は少ないのだろうか。

自分はグレン・コイル共に面白くはあったけれど、トータルでみればストーリー構成の歪さも目立ち(一話と最終話は理解できるけど、その過程のドラマが納得いかなかった)深夜でやってもよい作品だったという風にも考えてしまった。
単に自分が面白いだけでなく普段アニメを観ない人にもアニメの面白さをもう一度伝えられる作品になるんじゃないかと自分で勝手に思っていたせいもあって、少しショックであった。

mixi問題に関しては、皆は取締役の解任、ということで問題にしているけれど、自分としては「赤井孝美」という人間がガイナからいなくなることが象徴的だと思っている。
ガイナ初期からのメンバーにしてゲーム会社としてのガイナの中心人物がいなくなることが、これからのガイナックスの方向性にどう影響するか、ということが気にかかる。

さらにこの影響でグレンラガンの制作ブログも荒らされたが、大つか氏の丁寧な対応で次第に収束したことも見逃せない。森田宏幸のブログの炎上などもあったし、これからのネットとアニメ業界の付き合い方を考える上では重要な事例かもしれない。

らきすたのヤマカン降板はこれとは少し事情が違っていて、結局何故降板したのかの理由は明らかになっていない。
それに加えてハルヒ当時は自分も掲示板に書き込んだりしていて、初監督作品としてDVDを楽しみにしていたのでガックリきた。
また一緒に自分が京アニで期待しているスタッフが抜けたらしいということも衝撃だった。ハルヒ2期はどうなるのだろう。

2クール目に入って迷走しながらも楽しんで見ていたギアスが、次シリーズがあることは知っていたもののまさか一年も引っ張られるとは思わなかった。
しかも代わりが黒田洋介脚本のガンダム。DVD-BOXを買ったせいもあってリヴァイアス以来のファンとしては複雑な思いだ。

今年も色々な業界の方が亡くなったが、とりわけ逢坂浩司氏の死は、小学生からリアルタイムで観ていたアニメのメインスタッフだったので堪えた。
90年代のアニメを支えた旧サンライズ2スタ。
その流れを受け継ぐボンズには、もう後藤雅巳も佐野浩敏も逢坂浩司もいないのである。

スクールデイズやこどものじかん、ひぐらし2期といった放送中止問題は自分はそんなに気にしていなかったりしている。
ひぐらしなんかは1期を見た時点で、沼田誠也の作画は面白いけども、逆に面白すぎて竜騎士07がやり過ぎなくらいに込めたメッセージ性がかなり減っている印象があったから、危ないとは思っていたし。

一アニメファンの感想としては、暴走、といわれるほど面白いことが出来る実力を持つ若手アニメーターがここ数年一気に出てきた印象があるけど、そのパワーが作品の魅力に直接繋がることとはまた別問題だ、ということも同時にはっきりした年だった。確実に演出の数も足りなくなっている中、若手の中で演出転向する人もちらほらいたりしていて、アニメの出来を作画・演出に求めるなら、その辺りがうまく行くと面白い作品が出てくるのではないか、と思う。

声優なんかは自分はそれ程語れないけど、個人的な印象では2006年ヒットした「銀魂」「ハルヒ」あたりでメインだった声優が、意外なところで名前を見かけるようになった印象がある。特に阪口大助とか小野大輔とか。
グレンラガンとコイルは声優が割と鉄板だったから、来年はガンダム00の声優なんかがブレイクするんだろうか。釘宮病はそろそろ落ち着くかな、と思っていたらゼロの使い魔の3期が。シャナは3期もやるんだろうしハヤテが2年目あるかどうか次第でまだまだ続くのかも。



来年期待のアニメは、まずポニョとスカイクロラ。
特にポニョは、宮崎駿に再び活力を与えたという点だけでもゲド戦記は価値があった、と思える作品になってほしい(笑
あと舛成孝二の劇場(?)作品はいつ発表されるのかも気になる。
TVでは、まずマクロスFだろうか。
巷の噂では次の土6がギアス二期ってなってるけど、自分はマクロスじゃないかなあと思っている。悔しいけど。
PVはカッコいいけど、今回がキスダムとは違うスタジオだとしても(どうやらスタジオによってかなり状況に差があるらしい)、全体としてサテライトが体力無いのは間違いないと思うので、ノエインとは違って総合的なクオリティ(顔の安定とか)が求められる作品で2クール持つのかどうかが評価の分かれ目になるんじゃないだろうか。
河森作品はストーリーが陳腐過ぎるなんて話も聞くけど、逆に言えば一般にも受け入れられやすいスタンダードさ「も」持つとも言えるし、自分は問題ないので、現在のアニメの逆境を蹴飛ばせるほどの作品になればいいと思うのだけど。

あと1月新番では北陸のアニメファンとしてtruetearsが気になったり。
でもこちらでは放送されず。こういう時こそ地元マンセーパワーを発揮してくれれば良いのに。



色々書いたけど、とにかく来年も面白いアニメが観られますように。というか観たい。

【Read More】
スポンサーサイト

2007.12.27 | Comments(3) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

水曜日分

あの後何も書かなかったけども、湯川・朝永展は無事に終了。
この企画は京大から始まって色々な大学が持ち回りでやっていたそうで、どうやら金大で最後になるらしい。
足かけ二年やっていたのも湯川と朝永の生年日が一年ずれているからだそうな。
他に民間の施設で少しやるそうだけど、大学が中心となるのはウチが最後。

この規模の資料が集まるのは当分無いそうなので、そういう意味では参加できて良かった。

全然書いてないけど、先週の水・木と二晩かけて、湯川・朝永先生に実際にあった方(物理の人)の話を聞いた。
朝永の家はどんどんモノを捨てる家だったらしく資料がそれ程残ってるわけではないそうだけど、大して湯川は「研究したことはきちんと形として残しておかないと意味が無い」というスタンスだったそうなのでかなり資料が残っている。本人もメモを相当残していて、研究室での毎日のミーティングの議題や参加者、果ては質問者・質問事項まで残っているそうな。

あと、どちらも物理ばかりやっていたため、元々戦争にはさほど興味は無かったらしい。どちらも軍事研究には携わっているし。

朝永は東京大空襲に遭い家族ともども逃げ惑い、戦後も燃え残った施設に家族ともども住み込んでそこに研究室を作った。
珍しいことではないようで、戦後4~5年は構内でそういう人を見かけたという。

湯川は末の弟が戦争で亡くなった。戦中はその知らせを受けることはなく、戦後になって帰ってきた他の兵隊に聞いたそうだ。

こうしたことが戦争反対に力を注ぐきっかけになったのだろう、と話していた。

元々戦争反対の立場だと思っていたので驚いた。
時代の雰囲気に取り込まれていたということだろうか。

2007.12.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のつれづれ

リンク追加

ゆにたり ホームページ



自分も少し関わっていたけど諸般の事情で抜けてしまった同人ゲームサークル「ゆにたり」のホームページを追加。

現在制作中の、前代未聞?毎週web配信するノベルゲーム『親友からはじめましょう』の体験版を冬コミで配布するので、是非もらって行って下さい。


三日目 西地区 “む”ブロック 28b


です。




あるびれお7(18禁要素有)

こちらはそのゲームの絵師さん「あるびれお7」さんのホームページ。

あるびれおさんも、


三日目 東6 ツ34b


で同人誌を2冊出されるそうなので、こちらも是非。18禁ですが。
「その筋」の中でもかなり強烈な作品ですので、耐性ある人ならかなり楽しめることウケアイです。



あ、ゲーム自体は至極健全な全年齢向けです(笑

2007.12.25 | Comments(0) | Trackback(0) | その他もろもろ

あと茄子1・2とかも観てました



今年のイブは、物理学科の先輩(もちろん男)が好きだというこの人のアイマスMADから、ニコニコに挙がっている戸川純のPV+ライブ映像を延々と観ていた。男二人で。














他色々。
中学生で筋少と戸川純ばかり聞いてるっていうのは、そりゃ中二病ですよ先輩。



……まあカップルで観ていたのならその方がタイヘンか。

2007.12.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のつれづれ

一人原画





噂の2000枚アニメ。

なんだかんだいって前田真宏もガイナックス出身。



…グレンもやれば良かったのに。

2007.12.22 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

やっぱり書けなかった…

しかも時間もないので(苦笑
残りは適当な話でお茶を濁します。
この後当分書く暇なさそうだし…

一つ前に鉄のラインバレルのアニメ化について書いたけど、
そういえば平井久司の絵の源流ってどこから来てるんだろう。
影とかハイライトの描き込みは80年代って感じだけど、1995年のガルキーバの時点で、当時としては珍しい細身のデザイン。

やっぱり昔のタツノコとかなんだろうか。


ちなみに自分は平井キャラはMS動かしてるよりアクションしてるの方が好きです。

その方が(谷口悟朗も好きな)腰から下半身にかけてのシルエットが映えてカッコいい!

2007.12.22 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

平井久司の話

ちょっと更新が遅れ気味。今日中には今週分上げないと。

鉄のラインバレル 公式サイト

いまさらだけど、このスタッフってむしろガルキーバだよね。







ガルキーバの映像これしか見つからず。



そういえば、今回の平井久司は総作監もするようで。
平井久司は総作監・作監で人の絵を修正するよりは、自分でガンガン原画描くほうが好きなタイプらしい。
種の時はもう総作監システムは当たり前だったけど、それでもやっていなかったのもそのせい。
これも時代の流れ、というやつなのかしら。

2007.12.21 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

ゲームは全話ほしかわコンテ

以前、ほしかわたかふみは本編もやってるとか書いたけど、どうやら自分の勘違い。

ゲームも1話、2話…となっているので、その感想を書いたサイトのクレジットを、アニメ本編のと間違えたっぽい
本編見ずにネット情報鵜呑みにしちゃいけないよなぁ…自分。



こんなのも見つけたのでメモ。Studio e.go! Wikiによると星川孝文が監督してるとあります。今度は見間違えじゃないです(苦笑



ちょっとTVでは放送できない編集だけど、カッコイイ。
ウテナ15話も、誰の功績かは判断してないけど、アクションシーンも結構良かったのを思い出した。

2007.12.19 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

エスとアニメディア立ち読み

一時期は三大アニメ誌全部買ってたけど、さすがに資金が足りなくなったので最近は立ち読みも多い。


アニメディアは個人的に読むところ少なめなので真っ先に切る対象なんだけど、キャラデザを担当したスタッフを紹介するコーナーとか中々侮れなかったりする。
それと今月号は年末特集で色々な監督・プロデューサーへのインタビューが載ってて、それが良い感じだった。面子も結構色々な人がいたし。
印象に残っているのは初っ端の、佐藤順一の今気になっているアニメ=スケッチブック。自分もスタッフとしても関わっているけども、あの原作をどうアニメ化するか、その過程に興味があるとか。


エスの方は、表紙の「どちび」の名前に興奮して思わず手に取る。カラー1ページ。他のカラーページと比べると、線とかシンプルといやあシンプルに写るかしら。でも自分はどちびさん(このPNは敬称略すのは抵抗が…)の線好きなんだけど。あとフォルム。柔らかくて、でもしっかりとしてる感じが。いや動けば最高だけど。次はオリジナル作品のキャラデをしてほしいなあw

2007.12.19 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

ニュータイプ1月号を買う

付録のカレンダーの話。

吉田健一のは「(c)2008 吉田健一」とあるだけなのに、
石浜真史のは「(c)ベサメムーチョ/A-1 Pictures」とある。
おまけに仕上げが歌川律子(かみちゅ色彩設定)で、背景が草薙の小倉一男(OVA版のR.O.D美術監督)ときてる。
んで描かれているのは子供ばかりで、今年のNT2月号にあった、子供たちの話というのにもあってる。

ということは、これが噂の舛成・倉田コンビ劇場作品のキャラクターなのか?
8月号の石浜コメントがかなり捨て鉢だったから、企画倒れかと正直あきらめてはいたんだけど、これは期待してもいいんだろうか。




ま、そもそも劇場かどうか、ってことすら自分の知る限りでは作画スレの携帯薮野氏の書き込みによるものだったりするけど。

2007.12.16 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

bigben

Author:bigben

エンジニア見習い。ブログ再始動中。

twitter

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。