スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

「劇場版selector destructed WIXOSS」のこと

劇場版WIXOSSのこと

劇場版WIXOSSを観た。
ネタバレは防ぎたいし土曜日公開だったこともあり、公開初日の初回からと気合を入れて鑑賞したのだが、想定以上の結末で、感動のあまり涙が止まらなかった。
久しくこのような経験はしてなかったので、驚いた。

ネット上では90分で総集編+αは短すぎるのでは、と否定的な意見も多いようだが、自分にとっては求めていたものを全て受け取ることが出来たので何も不満はなかった。
登場人物たちのドラマについても、おおよそのキャラクターについてはTVシリーズで決着していると思っていたので、劇場版の捉え方は、総集編や補完というより、TVシリーズの再解釈版、という方が自分にはすんなりくる。



TVシリーズ2クールを踏まえた上でこの劇場版に自分が求めていたことは3つ、「るうのバックボーン」「ウリスの結末」そして「繭の救済の見直し」。

そのうち前者2つは鑑賞すればすぐ分かるとおりにがっつりと描かれているのだけど、最後の繭の救済については、鑑賞した段階では自分の中で腑に落ちるのに、なぜ納得したのかを言語化することがずっと出来ないままであった。

が、主題歌を聞きながらぼんやりと思い返していると、ふと何故自分が納得できたのかについて一つの視点が思い浮かんだ。



ここからは、劇場版のネタバレを含む。



TVシリーズでも語られ劇場でも掘り下げられたように、るうは幼くして母親に疎まれ、母という存在に受け入れてもらうことが出来ずに育った。

また劇場で新たに、るうは幸によって「タマ」と名付けられていたという過去のエピソードが追加された。
タマは文字通り、るうの半身ということになる。

劇場版ではTVシリーズの流れのとおり、繭とのバトルの後、るうは繭に、自分にとって大切な存在となったタマとユキを生み出した繭は、2人と同様に大切な人間だと語り、その存在を肯定する。
このくだりはTVシリーズでは、繭の置かれてきた状態やこれまで繭が行ってきた行為を考えると落とし所としては弱いなと感じられ、それが劇場版での描写の追加を自分が望む理由になっていた。

ここで先に語ったるうの追加の設定を踏まえると、大きくこの場面の印象は変わってくる。

先に述べたとおり、劇場版での再解釈により、タマという存在は単なる友達を超え、るうの分身であると語られた。
とすると、るうは、タマという自分の半身を生み出した繭に、自身に欠落していた母の存在を感じとったのではないだろうか。

そして世界から隔絶され存在を否定され続けた繭を肯定したことは、タマやユキを生み出した、すなわちるう自身を生み出してくれたことへの感謝の現れ、子による母の存在肯定だったのではないか。

非常に変則的な形ではあるが、るうによる繭の救済を、自らを生み出した母たる存在を子が肯定する物語とみなすと、繭の存在肯定として非常に力強い理由付けができる。
自身が生み出した存在が自身の生を肯定してくれる、これほど勇気づけられることがあるだろうか。

この再解釈には劇場版冒頭のるうと幸のくだりが大きく影響していて、もちろんこのシーンは鑑賞して分かるとおり、るうとウリスのドラマの繋がりを示すシーンでもある。
冒頭の数分間の追加だけで、るう、ウリスだけでなく、繭も含めて三者のドラマを一気に掘り下げることに成功しているわけだ。

改めて、すごいとしか言いようが無い。
もうしばらく、この作品の持つ熱量に浸っていたいと思う。

スポンサーサイト

2016.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」のこと

 こうしてまとまった文章の記事を書くのは何年ぶりだろうか。思いの外長文になったので、ブログを立ち上げることにした。



 なんやかんやで帰宅後が忙しくなり、秋アニメから新番にかけて録画番組を消化できないでいる。

 せっかくの休日なので、溜まっていた録画の中でも長めのものを消化しようと、大晦日にやっていた劇場版アイドルマスター輝きの向こう側へを観ていたのだけど、昨今色々なことが有り過ぎたせいもあるのか、劇場で観た時から大分印象が変わってみえた。

当時はTVシリーズで一通りのドラマは描き切って、その盛り上がりを受けたファンムービー的な印象で、それはそれで面白かったんだけど、改めて見るとこんなに丁寧に描写積んでたのか、という驚きがあった。春香がリーダーとしての在り方に悩む所、美希や千早に相談するところや可奈と電話するシーン、TVから非常に精神的に成長した上でのドラマが繊細かつ丁寧に描かれていて良いし、「輝きの向こう側へ」という言葉など今振り返るとシンデレラガールズへ繋がるものを感じる。

 春香は特にTV23~24話で765プロ全員で一緒にやっていきたい思いと、自分のアイドルになりたい気持ちの再確認の2つがクローズアップされていたわけだけど、同じく複数話を跨いで取り扱われ、20話で自分の歌を待つ弟の笑顔、歌うのが大好きだった幼い頃の気持ちを取り戻した千早に比べると、描かれた天海春香という人物の根幹、アイドル像は少し焦点が定まっていない感じがあって、デレマス観てた時なんかもそう言えばあそこ勿体無かったな、と思い返していたのだけれど、劇場版でアリーナで可奈やメンバーに向かって話した、765プロのメンバーや今まで出会った人々の全部で自分はあるんだ、それが天海春香なんだ、っていうのに凄く納得がいって。
TVで描かれた2つの気持ちっていうのは春香にとってイコールであって、765プロや出会った人々との想いの積み重ねの先にあるのが春香にとってのアイドルなんだ、って劇場版で明確に示されたのかなと。
自身の想いをリーダーとして皆の前で語った後、泣いてしまう春香の描写も、顔や涙、声も無く、ただ背中の震えのみ映していて、春香の背負っていたプレッシャーの重さを感じさせる。最後の伊織の転びそうになっても支えてあげるという台詞でシーンを締めるのも心にしみる。
伊織は春香が志保と対立するシーンで仲裁するシーンとか、TVシリーズより一層メンバーを裏でしっかり支えている雰囲気があって良かった。

 で、一つ感じたのが、「春香がアリーナで言ったようなことを、SMAP×SMAPでキムタクが言えば良かったんじゃないか」ということ。多分天海春香というアイドルは、現実世界でいうところの、あの生放送の直前までの木村拓哉のようなものだったんだろうなあ、と、今更ながらしみじみと思ってしまうのでありました。



 余談ですが、エンド・クレジットを再度みると、監督脚本キャラクターデザイン総作画監督絵コンテ演出作画監督原画で錦織敦史さんの名前があって、もう驚異としか言いようがないですね……

2016.02.07 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

bigben

Author:bigben

エンジニア見習い。ブログ再始動中。

twitter

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。