スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

特殊記号の入力

 特にTeXの本とかは持ってないので、「Å」とかの\amsfontパッケージの特殊記号を書くときは、ネットにあるいくつかの逆引きまとめpdfをいくつかダウンロードしといて辞書として使い、それでも分からなくなったらググることにしていた。けどもってるまとめが書式がまちまちだったり、一回参考にしたサイトが見つからなくて困ったり、ということがあって不便だった。
一々ブックマークするほどではないし、かといってどれもこれもEasyTeXのツール登録してたらキリがない。自分で辞書作るにしては量が膨大すぎるし。

たまたまどうしても書き方の分からない記号があり調べていたら、素晴らしいまとめを発見した。

http://meta.wikimedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97:%E6%95%B0%E5%BC%8F%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9

実は、Wikipediaにある画像で表示されている数式はTeXで書かれているのだが、これはWikipediaにおけるTeX記法のまとめらしい。
これが非常によくまとまっている。様々な特殊記号はもちろん、良く出てくる和の記号や極限なんかの記法も一通りあって、Wikipedia用というより普通にTeX数式の書き方のまとめとして使える。
TeXで数式を書く人には是非ともブックマークをオススメする。

実際に使うときは\amsfontなどパッケージの読み込みが必要なので注意。

スポンサーサイト

2009.02.19 | Comments(0) | Trackback(0) | tex tips

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

bigben

Author:bigben

エンジニア見習い。ブログ再始動中。

twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。