スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

報酬はりんご二切れ

レポートを提出しに行ったのに、気づいたら延々と糸電話を作っていた。

毎年学祭の時に物理学科は「物理を体験して見よう」というようなイベントをやるのだけれど、その手伝いである。どうやら今年は人手が足りないらしく、メインとなる大掛かりな企画以外はかなり手が回っていないようだ。そのため自分が駆り出されたらしい。でも教授、「猫の手連れて来たぞ」はちょっと酷いと思う。自分がやることになった糸電話は、幾つかあるテーマのうち、「波動」のものらしい。一般的な紙コップ以外に色々な材質や糸を使って、その違いを確かめて見よう、という意図らしいけど、大学生にもなって糸電話、というのもちょっと寂しい。

電話の受話器から発信された電波を音の振動に変換して、最終的に糸電話で拾う、というのはどうだろうか。電磁波が波だということを確かめてみよう、みたいなノリで。まぁ、開催日は今週の土曜日だからあと3日しかないんだけどw
ここまで来て手も付けられてない企画があるなんて、よっぽど人手不足だったんだな。

と、ググったらこんなのを見つけた。
http://homepage1.nifty.com/moritake/rika/3/hikari-tusin.htm
こっちはPDFファイルなので注意。
http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/tuusin.pdf

どうやら最近は糸電話の実験というと、この光糸電話の事を指すみたいだ。そんなにメジャーな実験なのに全然知らなかったorz。

原理はともかく仕組みそのものはとても簡単な実験だから、一週間あれば何とか形にはなるんだけど(そのままパクるのは嫌だし)、流石に3日じゃどうにもならないかなぁ…

スポンサーサイト

2007.10.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のつれづれ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

bigben

Author:bigben

エンジニア見習い。ブログ再始動中。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。