スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

俺妹8話感想

率直な印象としては脚本は面白いのに演出がイマイチな感じ。
良くも悪くもアニメ制作側に寄りすぎ。個人的には黒猫の心情をもっと汲んであげてほしかった。
ただこの改変の時点で黒猫の嫉妬心を描くのは難易度高くなってるのはわかる。ただゲストキャラでしかない脚本家の葛藤を追うよりは黒猫の葛藤をもっと見たかった、というのが原作ファンとしての感想。


細かいネタについて。

最初のソードアートオンラインのパロディから笑った。てかやっぱ描いたの本人か!w
フェイトさんOPからネタバレ!?とか思ったら話から違うしw てか「謎の女子中学生」てフェイトさんの案なのか…企画頓挫して空いたスタジオに無理やり企画ねじ込む手腕とか見てもアニメのフェイトさんはかなりやり手の編集者だなー。そして手をひらひらする仕草可愛い。
バックに流されてるのが噂のAICオリジナルの没?企画か…色々いたたまれない気持ちになる。しかしなんでカフェでアニメ流してるのかと思ったらメイド喫茶が『ジャスティーン』フェアやってるのか。店員さんコスプレしてる。
「かっこいい…」て初めてデレる黒猫がとても可愛いのだけれど、ここで微笑んじゃってるし原作黒猫の複雑な心情は脚本から突っ込んだ描写は避ける予定だったんかなあ。
スタッフの名刺。名字の頭と名前のお尻に漢数字が。それも左から1234となってる。
没った企画、監督と脚本家だけ残ってキャラデは降りたんだ…
制作側の端にいる2人はプロデューサーだと思うけど、どちらが製作Pで制作Pなんだろ。
全話のプロット書いてくる、キャラデザ等スタッフやキャストの候補を出す、内容や売り方のアイデアを出す……全てどこかで聞いたことある話w
まああれを会議の初っぱなからやれば引かれるのは当然だろうけど、でもバクマンの「スタジオの収録中に来た声優を原作者権限で降板させ連れ出す」の方がずっとヒドいだと思う。
「監督さんて『もえシス』やってましたよね!?」で監督のする微妙な表情がとても気になる。「『もえシス』はあまり気乗りしない作品だったけど好きだっていってくれる人がいるなら作ったかいはあるかな」とかそんな妄想したり。
向かって右側の人が制作Pぽいな。
「読まさせていただきます」って日本語変じゃね?
5ヶ月後放映てスケジュール無さ過ぎw 5ヶ月後に7月てことは2月か。マフラーもショールも無いのに違和感感じるのは俺が北国にいるからか。
帰宅した桐乃がドアにぶつかる辺り。桐乃脚長っ!原作の徹夜連続の描写が無いから、体調崩すのが少し唐突気味。しかしジャスティーンみたい…
そしてここに来て真打ちキムタカさん登場!しかし今更気付いたけど全部本当に原作で使ってた妹ゲーのタイトルだw

いつにも増してイラつく京介。自分から動くことが初めてなこともあるせいか「俺がなんとかしてやんなきゃならないんだろ!?」って驕りを少し感じる。
会議2回目。
ユーザーって言葉を使うしやっぱ左側が製作Pか。「判断は監督に任せます」て事なかれ主義な感じが笑えるけど、実際の発言力は難しいんだろうなあ。
「それ言っちゃいけない」この視聴者向けフォロー入れてるのはさすが。そしてその後もこのPは渋い表情してる。
この製作Pはわりと若い人なのかな。脚本家のポジショントークに疑問も抱かず頷くあたり見ると。
「自分なりにアイデアは出したつもりですが、お気に召さないのなら降ろして貰って結構です」どこかで聞いたことあるセリフだわ…「偉そうなコト言ってるけど、つまりは発想が貧困だから自分の得意分野に引き込もうとしてるだけじゃない」ははははは。
妹都市はどれだけ売れたんだろ。数万部くらい?
女子中学生原作アニメの会議で女子中学生に言い負かされるアニメスタッフの図。あのダメダメな原作フェイトさん1人だとまだ普通に読めるけど、あそこまで来るとホント情けない感じがするなw

語り出す京介のアップの口元、特に唇の描き方が気になった。ちょっと電脳コイルぽい。
黒猫の最後の「うらやましい」っていいな。好きって気持ち以前に「お兄ちゃんっていいな」て気持ちがあるんだろうな。お姉ちゃんだし。
ラストの桐乃、爪の色ピンクだな。クリスマスデートのときもピンクだったし、やっぱ勝負カラーなのかな?最後の人生相談だし。
ジャスティーン観るために三回目。ようやく足立慎吾さんらがクレジットされていた「劇中イラスト」らしきものを制作スタジオに入るシーンで発見。何が描いてあるのかほとんど判らないけど。

2010.12.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 覚え書きいろいろ

練習

モブログの練習

2010.12.15 | Comments(0) | Trackback(0) | その他もろもろ

サンプリング数の変更

2次元プロットでのサンプリング数は

set sample 300

などで指定できる。

デフォルトだと100個になっているらしい。。
http://gnuplotref.web.fc2.com/general/samples.html

3次元プロットでの解像度はset isosampleを使う。




波動関数をプロットしようとしたら酷い目にあったのでメモ。

例えば

f(x)=(4*x**2-2)**2*exp(-x**2)

という関数はx=0で4になるはずだが、
サンプリング数を変えていない次のグラフではy=4の点線を下回っている。


before


一方、サンプリング数を600に設定した下のグラフではきちんと接している。


after

2010.04.13 | Comments(0) | Trackback(0) | gnuplot tips

wrapfig環境と改行

 TeXで文章を図に回り込ませたいときに使うwrapfig環境がうまく反映されないという相談を受けた。
色々試したところ、\end{wrapfigure}のあとに空白行を一行入れることで解決した。このままでは回り込む文章は字下げしてしまうが、それを防ぐには空白行のあと\noindentと書いて改行してから文章を書くことで解決した。


参考
http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/latex/hyper/part2.htm
http://kmuto.jp/latex/node15.html



それと参考にしたページに全角の改行と半角の改行で挙動が変わると書いてあるのだが、誰かこれについて詳しく知ってる人はいないだろうか。これまで使ってた限りでは、そんな違いを意識したことないのだけど。

2009.09.15 | Comments(0) | Trackback(0) | tex tips

∀ガンダムを観終わる

 夏の終わりからずっと観ていた∀ガンダムTV版をついに観終わる。登場人物たちの間に積み重ねられた歳月を感じさせてくれる素晴らしい作品だった。フランとジョゼフのカップルが大好きなので、49話でジョゼフが死ななくて本当に良かった。テレビ版を通してみればロランがソシエから離れディアナ様と過ごすのは納得がいくんだけど、別れのキスはさすがにソシエが可哀相だ。キエルにはハリーがいるのに。メシエにも月で出来たボーイフレンドができたみたいだからカップルが成立してないのはソシエだけなんて、そりゃ叫びたくなるよー。


 つい先日先輩方と衆議院選の結果について討論するときも思ったんだけど、判断基準を特定の思想でなく生活基盤から得るって発想はとても日本的だと思う。∀はまさにそういう話で、文明を興して国をまとめようとする思想、暴力によって人をまとめ上げようとする思想に対し、日々の生活を守るために人々が団結し立ち上がるというのは、古来より特定の宗教にそまらず、実益を第一に考えてあらゆる思想をつまみ食いしてきた日本らしいストーリーだ。最後ディアナのもとにかつての敵同士だったミリシャとディアナカウンターが一つになるのは革命とは違う。月光蝶という一方的な暴力に対して人々が立ち向かうのは今日生きるため、明日を生きるためであり、最終的に社会を特定のイデオロギーの影響下に置こうとする革命とは似て非なる行為だ。


常よりも数は少ないとはいえそれでも戦争、当たり前に人は死ぬ。無名のキャラクターなら尚更、きちんと放たれたミサイルは敵に当たり人が死ぬことが分かるように画作りがなされてることがSEEDや00に比べれば多いように感じた。ロランを始めとするパイロットも人を殺すことを自覚しているシーンが多いし、野戦病院まで出てくる。その中でも牧歌的雰囲気が最後まで失われていないのは、ここで描かれている戦争を包むものとして生活があるからだ。戦争するのは人であり、人は食べ物や住居や衣服、そして色恋が無ければ生きていくことができないのだ。


SEEDも00も戦争をどう描くかということを監督のインタビューでよく述べられていたが、富野ガンダムの本質はそこにはなかった。∀ガンダムで描かれているのはあくまで生活そのものであり、その内に戦争があるのだ。守るべき土地、守るべき人々というのは生活のなかから見出すのであって戦いの中で意識するものではない。日々の積み重ねは生活の積み重ねである。その積み重ねが作品を支え、作品を形作る。そうして生きている人々の感情のぶつけあい、それこそがドラマであり、私たちの心を震わせるエネルギーの源である。まさに長編アニメの醍醐味だ。


画作りに関しては、これだけの豪華スタッフを擁しながらここまでアニメーターを信用しないのか、と思わず笑ってしまうようなコンテが多かった。毎回の話は濃密だがその分各々のカットは必要最小限の秒数で抑えられており、その中で描きづらそうなカットが多かった。結構多めの話数に参加してたはずなのに最終話でようやく真っ当な分量が出てきた後藤サーカスなんか代表的だ。あれだけダブ回が多ければ仕方なくはあるけど。やはりキングゲイナーぐらい規格外のスタッフが集まってくれないとリミッターは外させてくれないのか。


ただメカ自体は非常に格好良かった。動きはそれほどでないことはヒゲガンダムがあのデザインでも格好良く見えたのはハイライトやBLカゲが多めに入れられてたせいではないかと思っている。Vの反省だろうか。一番好きなモビルスーツはゴールドスモー、ついでターンXだが、メカはどれも好き。


劇場版はどうしようかなー。すぐさま観たい気もするけど、しばらく余韻に浸りたい気もする。テレビ版は登場キャラクターが膨大な分終わり方が少し急ぎ足だったから、劇場のほうがゆったりとできるとは思うんだけど。

2009.09.15 | Comments(0) | Trackback(0) | アニメ・アニメーション

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

bigben

Author:bigben

エンジニア見習い。ブログ再始動中。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。